category: こんな宿です  1/3

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

秋の雨・・・

「ツインルームより」秋に降る雨は紅葉を引き立たせます。それは鮮やかな彩りをより増してくれるからです。少し寂しさを感じさせる晩秋の風情が、何とも言えない雰囲気を漂わせています。「ダイニングから」秋の雨・・・季節の移ろいは、確実に心を豊かにしてくれます。前庭の景色もあとはモミジを残すばかり、できることならいつまでもこの季節を楽しみたい。...

  •  -
  •  -

スターティングオーバーとは・・・ご到着まで

国道139号線から当館まではおクルマで1~2分。その間に看板が二つ、出来はともかく手描きです。以前、雑誌の取材を受けた時に「普通の看板ではなかったから、何かあるはずと感じて取り上げた」と言われました。たかが看板ではありますが、見た目によってお客様は不安になりますし、もっと見やすい物に替えたほうが良いとのアドバイスも頂いています。少なくとも雑誌社の人はこの少々くたびれた看板を、味があると好意的に思ってく...

  •  -
  •  -

スターティングオーバーとは・・・

この名も無き宿もお陰様で25度目の春を迎えています。時代の流れに乗り遅れ、知る人ぞ知る秘境のホテル・・・そこまで大げさではありませんが、「ありそうでない」とはよく言われます。お客様の中には以前からチェックしていたとおっしゃる方も・・・でもどんなところかは、行ってみないとわからないですよね。大丈夫なの、ここ?と心配になるのも当然です。そこでオフシーズンのこの時期、改めて当館をご紹介してみようと思います...

  •  -
  •  -

時間の流れ・・・

毎年、15年、20年の時を経て、久しぶりにご宿泊をしていただくお客様がいらっしゃいます。「また来ようと思っていたんですがね・・・、HP、ブログを見てましたよ」と、うれしいお言葉。たとえお会いすることはできなくても、気に掛けていただくだけで本当に有り難いことです。ダイニング、ゲストルーム、ホール、お風呂、お料理、サービスそして庭・・・そのどれもが少しづつ、以前よりも余裕を楽しんでいただけるようになっている...

  •  -
  •  -

やはり、富士山は特別

昨年の暮、20数年ぶりに夫婦で一泊二日の旅行に出掛けました。とくに鉄道ファンではありませんが昔の風情を楽しめるSLを一度体験してみようと、大井川鉄道のホームページを検索。「あらっ、意外と近い・・・」即決し泊まりは寸又峡温泉に。新東名が開通したおかげで直行すると乗車駅の新金谷までは90分ほど、パーキングエリアなどを見物しながら現地へと向かいました。オフシーズンのためか温泉街は閑散としていて、お店もほぼ閉...

  •  -
  •  -

庭の紅葉はピークへ

庭の紅葉が最盛期を迎えています。陽が差してきた時の美しさは心やすらぐひと時・・・ナラや栗は半分ほど散ってしまいましたが、モミジは今がピーク。地面を赤く染める日も近そうです。...

  •  -
  •  -

秋の色

秋の庭は穏やかです。まだ、木々は緑を保っていますがそろそろ色づく葉も・・・落ち葉掃除の合間、ベンチに腰掛けると・・・やさしい陽差しがなんとも心地良い。空気に色はないはずなのに、やはり秋の色を感じます。...

  •  -
  •  -

優しい灯り

ひとつのランプの陰影が、まるで絵画のような雰囲気を醸しだすことがあります。そしてこの光から感じる不思議な懐かしさ・・・巷では明るすぎるほどの様々な光が溢れかえっています。少し疲れた時・・・優しい灯りを、ただ見つめてみるのも良いものです。...

  •  -
  •  -

一年で一番冷え込む季節

窓の外に見えるのは2週間前に降った雪です。夜はライトアップ、朝は眩しい光に照らされた真っ白な雪・・・点々と残された動物や野鳥の足跡・・・富士山はほぼ毎日、その姿を見せてくれます。厳しい冷え込みではありますが、再訪のお客様が最も多い季節です。...

  •  -
  •  -

スターティングオーバーのダイヤモンド富士

『バルコニーから撮影』前々回の記事でご紹介した、当館からのダイヤモンド富士。朝日が山頂の真ん中から姿を見せたのは8時2分頃でした。気温はマイナス17℃・・・初日の出から3週間で太陽の位置がこれほど変わります。この神秘的な光景。次回は秋の終わり、11月22日頃になります。...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。