category: 野生動物  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

若いきつね

(携帯で写したため画質が荒いです)早いもので今年もあと4日。厳しい冷え込みとなっていますが、富士山方面では幸い降雪もなく過ごしやすい年の瀬となっています。天気予報では初日の出も見ることができそうで何よりです。2ヶ月ほど前から住みついている若い「きつね」がいます。陶芸小屋の「ときのあかり」で粘土をこねていると、様子を見に小屋の周りをウロウロと・・・野生動物は警戒心が強く人に近づいてくることはありませ...

  •  -
  •  0

きつねの名は「コンちゃん」

我が家ではこのきつねのことを、当然のごとく「コンちゃん」と呼んでいます。野生にしては珍しく、人からエサをもらいます。今日のご飯は奮発して、焼き魚です。やせ細った体からして、あまり優雅な暮らしぶりには見えませんので、すぐに食べはじめるのかと思いました。ところが、そろそろと走り出し少し離れた場所に焼き魚を埋め、悠々と走り去っていきました。空腹のはずですが、生き続けるための知恵なのでしょう。でもそのすぐ...

  •  0
  •  0

野生動物情報

鹿が多いことは以前にも書きましたが、その他の動物にも出逢うことがあります。大きい順に…■クマまだ見たことはありませんが、5年に一度ほどの間隔で出没情報がでます。さすがにクマの場合はこの地域でも話題になります。■イノシシ年に数回見ます。春先のうり坊は可愛いのですが、最も悪さをするのがこれです。一番の嫌われ者。■シカお客様の目撃例が多い動物ですが、5頭から10頭(20頭以上の場合もある)ぐらいで群れを組ん...

  •  0
  •  0

『バンビ』

ヤマガラの子育ては順調のようですが、他にも以前お伝えした「鹿」を頻繁に見ます。この季節は親子連れも多く、大きな鹿の影に小さな「子鹿」が顔をのぞかせていることがあります。中型犬ほどの大きさで、背中の斑点が~いわゆる『バンビ』ガサガサ音がしている庭先を見ると、一頭の子鹿が・・・。親と離れてしまったようですがどうすることもできませんので、お水だけ器に置いておきました。撮影はさすがに難しいです。...

  •  0
  •  0

野生の鹿

No image

最近はシカが非常に多く、お客様の中にもシカを目にして驚かれた方がいらっしゃいました。すぐ裏の牧草地に例年ですと5~6頭ほどの群れが、今年は多いと20頭以上もいます。元来、夜行性なので昼間は隠れているのですが、日中もたまに出逢うことかあります。意外にも大型のシカは乗用車の屋根よりも上に頭が来ます。お越しの際は徐行運転が良いかもしれません。...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。