archive: 2013年05月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

半日陰にはインパチェンス

関東甲信地方も例年より10日早く梅雨入り。この二日間の雨で庭の植物にはほどよい水分補給になったと思います。雨が降る前にインパチェンスの苗を60株ほど植えておきました。落ち葉と土をミルフィーユのように重ね、牛ふん堆肥と油粕、緩効性肥料は必須。やはり土作りが大切です。庭と林との境は一日を通して半日陰・・・この半日陰をインパチェンスは好みます。土が見えなくなるくらいに、大きな株になるはずです。...

  •  closed
  •  closed

きらきらの思い出

K様が初めてお越しになられたのは、今から15年前になります。謙虚で穏やかなご夫婦はいつも自然体。そして、おふたりの笑顔には優しさが滲み出ていました。ところが3年ほどお越し頂いた頃、神奈川県から遠く離れた北海道の地に転居されることに・・・以来、お手紙のやり取りだけとなっていましたが、ご予約メールにK様のお名前がありました。「長年の希望であった再訪が叶いそうです。楽しみにしています・・・」奥様に持病があ...

  •  closed
  •  closed

5月の花 ~ スノーフレーク (鈴蘭水仙)

咲き終わった水仙に代わり、スノーフレークが白い小さな花を咲かせています。鈴蘭水仙の別名どおり、釣鐘のような花はスズランに似ています。よ~く見ると花びらの先端に緑色のワンポイントが・・・そよ風に揺れる姿が可憐です。10年以上も植えたままのため、花つきが悪くなった水仙の球根。久しぶりに掘り起こし、庭の所々に分散させて植えなおしています。おおよそ500球ほどでしょうか。来年の4月が楽しみです。...

  •  closed
  •  closed

5月の花 ~ ヤマブキ

裏庭にある山桜の木陰・・・鮮やかな色合で春を感じさせるヤマブキ。少々日当たりが悪くても大丈夫。春の庭に咲く花々を見ていると、時間が経つことを忘れてしまいます。...

  •  closed
  •  closed

5月の花 ~ 山芍薬

山芍薬は高地に自生する非常に稀少な山野草。発芽から開花まで5年以上もかかるそうです。なのに花を見せてくれるのは、ほんの数日。新緑に包まれるこの季節・・・今年も真っ白な花を咲かせました。...

  •  closed
  •  closed

アジュガ

地面を這って増えてくれる耐寒性のある品種はとても貴重です。一年を通して芝生と苔に覆われている前庭・・・春の主役はイングリッシュデージーですが、このアジュガは品の良い立ち姿が魅力的。今では数も多くなり、庭に点在しています。紫の花色とこの控えめに咲くところが、いいですね。...

  •  closed
  •  closed

レンガと石で花壇づくり

サツキを植えてあった玄関の横に造った花壇です。外壁の改修工事のためサツキと一緒に大きく育っていたバラも残念ながら撤去となりましたが、根はそのままなので数年後にはこのスペースが活かされると思います。これまでの庭造りで余っていたレンガや平石、タイル、セメントを利用したため、置き場に困っていた資材の片付けにもなりました。「作業工程」地面に採石を入れよ~く踏み固めレンガで枠を作ります。枠の中には小さめの砕...

  •  closed
  •  closed

イングリッシュデージーの庭

何かの鉢植えに付いてきた一輪の花か、野鳥が運んでくれた種なのか・・・いつの間にか庭中に広がっていました。春・・・白い小さな花が庭を覆います。だいぶ前に菊の仲間のエリゲロンかなどと書いた記憶があるのですが、どうもデージーの原種らしい。ヨーロッパ原産のイングリッシュデージー。芝生のようにグランドをカバーするためローンデージーとも呼ばれているようです。5月の庭は一年を通して最も花の多い季節ですが、お客様...

  •  closed
  •  closed

ベンチの補修

庭の所々に置かれたベンチ。木製部分はペンキを塗っても次第に朽ちていくものです。ちょっと冷たい感触ではありますが破損等でご迷惑をお掛けする事を考え、腰掛けと背もたれの部分を鉄製に補修しました。庭だけでなく林の中にもこんな感じで・・・吹く風が気持ち良い季節になって来ましたね。...

  •  closed
  •  closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。