FC2ブログ

料金のおはなし(3)

「季節割増なし、平日割引あり」

ハイシーズンとオフシーズン、どちらを利用されるお客様にも、お得感が漂う、この新しい料金設定。
割増しがない上に割引日が圧倒的に多いため、一見、良心的な感じを受けます。

例えば以下の料金。

「平日は3,000円引き!季節割増は一切ナシ!」

★ 通常:13,000円 平日:10,000円

ゴールデンウィークや夏休み等も割増し無しの通常料金です。今までの感覚からすると、非常にお得です。
でも、元々の基本的な料金が10,000円だとしたら、事情は変わってきます。ハイシーズンを3,000増しにしていることと同じだからです。

どちらの料金を基準にするのか・・・

考え方次第で「季節割増あり、平日割引なし(今までの習慣と変わらない)」ともなるわけです。不思議なことに表示の順番を変えるだけで割高な感じがしてきます。どうでしょうか。

★ 通常:10,000円 休前日:13,000円

一概に料金設定で宿やお店の善し悪しを決めつけることはできませんし、本当に割引をしている宿もありますので、誤解をなさらないでください。そしてこの料金設定の多くは個人のアイデアではなく、中間業者の提案です。受け入れるか否かの判断は宿側にありますが・・・

それにしても、一年の70%が割引の料金設定とは、何なのでしょうか。

響きは良いのかもしれませんが、あまり誠実ではない感じがします。

このテーマ・・・もう少し続けます。