FC2ブログ

4種のバラ

お手製の器で

工房で焼いた器にバラを盛ってみました。

アンジェラ、サマースノー、バフビューティ、アルベリックバルビエ。

雨の季節に花開いてくれました。

ポールズスカーレット

「ポールズスカーレット」は赤とピンクの中間色。

離れたところから見ても存在感があります。

ロココ

大輪のバラ、「ロココ」

オレンジがかった色合いが高貴な雰囲気を漂わせています。

アルティシモ

「アルティシモ」ほど深い赤を見たことがありません。

このあと更に開き、まるで一重の花のようになります。


バラには新苗と大苗があります。

通常は大苗が良いとされているのですが、この土地では植え付けた苗が生長してくれない場合があります。

土地に合う苗か植えてみないとわかりませんので、いつも小さな新苗から育てます。

新芽(バラの場合はこれをシュートと呼びます)が成長を始めると、本当にうれしい。

平地にくらべ倍の世話をして、半分の成果・・・

それでもこれだけの花を見ることができるようになりました。

次回またこの続きを書きたいと思います。